【トロントピアソン空港】学生ビザ発行までの手順とイミグレーションで聞かれたこと

学生ビザを使ってカナダに滞在する場合、日本でビザを申請し、許可証がおりたらそれと必要書類を持ってカナダへ渡航します。

そして空港にあるイミグレーション(入国審査局)にてその書類を見せ、正式にビザが発行されるという流れです。

今回はわたしが実際に何を聞かれたか、到着後の流れを書いていきます。

①到着したらいつも通り入国審査へ

飛行機が着いたらまずは通常の旅行のように入国検査を受けます。

ここで聞かれるのは

  • 何しにきたか
  • いつまでか

くらいです。

留学期間とStudyできたことを伝えます。

ここで飛行機の中で記入した税関の書類に色ペンでチェックされて、イミグレーションに行くように指示されます。

②荷物を取る前にイミグレーションへ

トロント・ピアソン空港では荷物を受け取る前にイミグレーションへ行きます。

入国審査のブースを出て右に曲がったところにイミグレーションがあるので間違えてエスカレーターを降りないようにしてください。

一応エスカレーターの前に空港スタッフがいて、あなたの税関書類に書いてある色を見て判断し、イミグレーションを案内してくれますのでご心配なく。

イミグレーションに入ると順番待ちの列があるので並んで待ちます。

わたしが行ったときは30分以上待ちました。

順番がきたらビザ発行に必要な書類をすべて提出します。

ここで提出したのは

  • パスポート
  • 入学許可証
  • カレッジの領収証
  • 残高証明書

です。

カレッジの領収証というのは学費を払ったときに出る領収証です。なぜかわたしは印刷したものを持っておらず、メールに添付されたものを見せてOKでした。

聞かれたこと

  • 一時滞在先の場所と滞在期間(住所が決まっていなかったため)
  • 娘の学校(住所が決まってないため学校も決まってないと説明)
  • カレッジのカリキュラム内で働くことがあるか(わたしはインターンシップが必須のコースだったのでYesと答えました。 入学許可証に書いてあります)

緊張しますがちゃんと書類があって受け答えすれば大丈夫です!

慌てずにひとつひとつ答えてくださいね。

ビザが発行される

書類が認められたら正式なビザを発行してくれます。

わたしが受け取ったのはこちら

  • 学生ビザ Study Permit (私)
  • 就労ビザ Work Permit(私・インターンシップ用)
  • ビジタービザ Visitor Record(娘)

必ず確認を!

入国管理官が「間違いがないか確認してください」とビザを渡してくれるので、必ずしっかり確認してください

私の場合は娘のパスポート番号が間違っていました

留学期間や名前のスペルが間違っていることはよくあることらしく、しかもこのイミグレーションを出てから気付いても修正することはとてもむずかしいそうです。

今後このビザがすべての手続きのベースになってくるので、これが間違っていると大変です。

日付、誕生日、名前のスペル、パスポート番号は必ず時間をかけて確認し、間違いがあったら必ず入国管理官に伝えてください。

ビザを受け取ったらトランクを受け取りに

無事ビザが発行されたら重大任務は終了です!おめでとうございます。

一階に降りて荷物を受け取りましょう(^^)

税関の書類は最後に必要なので出しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です