カナダ生活5ヶ月目。娘の英語は成長したのか?

こんにちは!Kanamiです。

あっという間にカナダに来て5ヶ月がたちました。

せっかくカナダに来たのにもかかわらず3月からはコロナのために家にこもりっぱなしで娘もわたしも学校に行けていませんが、オンライン授業で勉強を続けています。

これじゃあ娘の英語力も伸びないな… と悩んでいたのですが、なんと最近娘の英語力に変化が見られるようになってきました。

英語が分からないまま学校に行くのはかなり辛そうだった

学校に行っているときはすべての授業を英語で受けるわけなので、みんなについていくのに必死だった娘

こちらの授業は黒板を書き写すのではなくアクティビティをしたり自分で考えたことを発表することが多いので、「分からない」というのは苦痛だったと思います。

娘の場合はクラスに日本語を話す生徒が二人いて、何をすればいいかうちの娘に教えてくれていたのですが、娘は人に頼ってばかりなのがイヤだったようで、あまり仲間に入っていけなかったみたいです。

英語を勉強するどころではなく、今何をやっているのか理解するので精いっぱい。友達なんて全然できない。という状況。

だから早く日本に帰りたい!と毎日言っていました。

英語がわからないから授業もわからないし友達とも話せないんだから、英語の家庭教師とかやってみる?と聞いても拒否。

完全に英語に拒否反応が出ている状態でした。

よく聞く英語は自然と理解

そんな状態でしたが、ときどき「お母さん、学校で『リスペクト』ってよく聞くんだけどどういう意味?」と聞いてくることもありました。

よく出てくる単語は自然と覚えていたみたいです。

そのときは「尊敬とか尊重っていう意味だよ。友達の意見を尊重しましょうとか、そういう風に使われるよ」と説明したところ、

「そっか〜『思いやり』みたいな意味かと思ってた』

と自分なりに解釈をつけていたみたいです。

『思いやり』もあながち間違いじゃないですよね。けっこういい解釈だと思います。

道徳のような授業で「リスペクト」に関するビデオを見たり、先生がリスペクトについて話すことがあったようです。

オンライン授業が始まる

そんな状況でしたが3月から学校が休校になり、娘は自宅でのゴロゴロ生活を満喫。

さらに4月からオンライン授業がスタートしました。

トロントではGoogle Classroomを使用し、毎日先生から今日1日のやることと宿題が出されています。

ビデオを使ってのライブ授業はなし

国語、算数、社会、理科に加え、フランス語、音楽、図書司書の先生から読書の案内もきます。

うちの娘のようなESLの生徒にはESLの先生からも毎日簡単な質問と宿題が送られてきます。

わたしもちょうど冬タームが終わり、じっくり娘の勉強を見る時間ができたので、最近は毎日一緒に先生からの課題に取り組んでいます。

宿題はこんな感じ

たとえばESLの先生から「今日はアースデイです。あなたが問題だと思う地球の問題はなんですか?また、それはなぜですか?」という質問がきます。

こちらでは自分の意見なぜそう思うのかを毎回のように聞かれます。

まずどんな問題があるか一緒に調べて、英文を作ります。

でも娘は英語で文章を作ったことはほとんどないので、いきなりやれと言われても作れません

なので最初は全部わたしが文章を作って、娘は言われたままパソコンに入力していきました。

I chose 〇〇, because…

こんなやり方で本当にいいのかな?できるようになるのかな?と思っていました。

でも最近、自分で文章を作れるようになってきました。

まだ語彙は少ないですが、文章のパターンがわかってきたみたいです。

それから読書の宿題も出ています。

担任の先生が出す普通の小学4年生が読む本は難しいので、ESLの生徒向けに書かれた本が学校のVIsual Library(電子図書館)にあり、それを読みます。

今週は好きな伝記を読んで何を学んだか先生にシェアするという宿題。

娘はScientistsからレオナルド・ダヴィンチを選びました

左上のアイコンをクリックすると音声が流れて、一時停止・再生も可能です。

視覚・聴覚から理解することになるのでわかりやすいです。

これを1センテンスずつ意味を理解しているか確認しながら読んでいきます。

難しい単語は赤字で表示されており、簡単な英語で説明があります

日本ですでに知っていた偉人たちについてだったので、楽しく読んでました。

こういうリソースがたくさんあるのは本当にありがたいです。

オンライン授業になって自分のペースで学べるようになった(強制力ありで)

オンライン授業になって、英語がますます伸びないんじゃないかと心配していました。

わたしは教えるのはプロじゃないし、娘も親のわたしが先生だと緊張感がないというか全然まじめにやろうとしないのでイライラしたことも多々。

でもオンライン授業になったことで娘はみんなにおいていかれるのを気にすることなく、自分のペースで宿題を理解して、取り組むことができるようになりました。

さらにわたしがマンツーマンで教えられるので、分からないままスルーすることがなくなり、理解力が上がってきたようです。

英語がわかるようになれば、学校も楽しめるようになるんじゃないかな?と思っています。

Disney+で英語コンテンツを視聴

さらに、外出規制が始まってからディズニー映画が見放題のDisney plus を契約しました。

Netflixは元々ありましたが日本のアニメばかり見てしまうので英語勉強的にはNG。

しかもカナダでDisney plusを観ると、日本語字幕がありません。

なので強制的に英語字幕で見るしかなく、日本語の介入を防げます。

これでほぼ毎日ディズニー映画を観ています。

別に集中して見ていなくても、BGM的に流すのもアリだとわたしは思っていて、そうしています。

学校で何度も出てくる言葉が自然と頭に入ったように、映画でもよく出る表現が身についていくのでは?と期待。

しゃべりの練習はできないけれど…

スピーキングの方はどうかというと、学校では英語でしゃべっていたようです。

わたしには教えてくれないのですが、ほかの日本人の生徒が「〇〇(娘)ちゃんめっちゃ英語しゃべってたんだよ!俺と一緒のころにカナダに来たはずなのにすげー!」と言ってくれていたようです(^^;)

実際にはそんなにすげー!と言われるほどしゃべれているのかはわかりません。

ただ、わたし自身ライティングで文章を作れるようになってきてから、しゃべるときにもちゃんと順序立てて文章を構成できるようになったと感じています。

なので娘も今の読書&作文の宿題がスピーキングに生きてくると思います!

また今年の終わりごろに娘の英語成長をお伝えできるといいな。お楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です